MENU

勃起力強化はメンタルを鍛えるために妄想力を強化が絶対条件

勃起力10代後半はちんこが何処かに触れただけで勃起してましたが、40代にもなれば、フェラしてもらっても硬くならないなんて人も多くなってきます。

 

どうしてこんなになってしまうんでしょうね。

 

勃起はメンタルな部分の影響も大きいから、色々ストレスが溜まっていたり、仕事や人間関係で悩んでいたり、心配事があったりすると、なかなか勃起しづらいということもあります。

 

そうした切り口で言えば、若い頃はそんな悩みなんて殆ど無いですよね。

 

 

でも、セックスの途中で中折れしたり、早漏だったり、セックスの最中にひどいことを言われたりして、トラウマとまでは行かないまでも、結構心に残ってしまうことが厄介な問題となります。

 

こうしたことは、若い人程心に残りやすいものです。ある程度年を取ってくると色々経験して図太くなる人がほとんどです。それでも、その人にツボではないですが、ピタッと見ハマってしまうと、男は意固地になって「もう俺はいいや」なんて言って、セックスから遠ざかってしまう人もいます。

 

セックスは、ただ生殖のためのものではなく、男が男らしく生きて行くには、必要な行為でもあります。男の体の生き生きとした日々の生活には、セックスは大事なことです。

 

また、夫婦間の関係維持ということを見てみても、やはり、セックスは大事な行為です。
さて、そんな大事なセックスができなくなる。勃起力が低下するのは、男にとって由々しき事態です。

 

AVばかりで、オナニーをしていると、実際のセックスで射精できなくなったりします。
セックスはちんちんでするのではなく、脳でするものです。

 

脳をいかに刺激するかは良く考えておかなくてはいけません。
そのためには、妄想をたくましくしましょう。ある程度の思い込み設定。
人に迷惑のかかる思い込みは良くないです。エスカレートするとストーカー設定されてしまいます。

 

たくましい妄想の設定とは、相手を愛しているという設定です。

 

これは効きます。

 

愛している光線を自身が発していれば、
パートナーとの関係は常に良い方向に展開します。

 

そして、様々な嫌なことは、愛の光線で吹き飛んでしまいます。
心も浄化されてしまい、脳への刺激は素直に届き、勃起指令もしっかり出され続けます。
その上で勃起力に自信がないということは、身体的な原因によるところが疑われます。
健康体に戻す努力が求められます。
自分にあった勃起薬を見つけることが良いかもしれません。
勃起の薬をぜひ見てみてください。

更新履歴